恋愛成就!告白の成功率を上げる3ステップとは?

f:id:itlabo:20190628045540j:plain

こんにちは、MAGIC FLAVOR 編集部です。

皆さん、いい人に出会って楽しい恋愛がしたいな、なんて思っていませんか?せっかく出会ってもお付き合いできる異性となるのは、ごくわずかですよね。

では、どうしたらいい恋愛ができるのでしょうか?しっかりと段階を踏むことが重要なのです。恋愛は花の育て方に似ていて、花の育ち方にも段階があります。

お花は、「種をまく」、「水や栄養をあげて育つ」、「花を結ぶ」の3ステップを経て育ちます。

恋愛に言い換えると、次のようなステップで恋愛が進んでいくのが一般的です。
 1. 出会い ← 種をまく
 2. 連絡、デート ← 水や栄養をあげて育つ
 3. 告白 ← 花を結ぶ

今回は、この基本的な恋愛の3つのステップについてお話をしていきたいと思います。お花を大切に育てるような恋愛をして、告白を成功させてみませんか?

目次
 - 告白の成功率を上げる3ステップとは?
  1. 種をまく(出会い)
  2. 育てる(連絡、デート)
  3. 花を結ぶ(告白)
  4. 最後に

1. 種をまく(出会い)

まずは、魅力的な異性に出会わなければ、恋愛関係に発展することはありませんよね。

自然に出会うことができれば良いのですが、大人になればなるほど、出会いは少なくなってくるものです。

ここで大事なのは恋の芽が出るような出会いの求め方をすることです。恋が種が芽を出すには、いい土(自分自身、環境)が必要なのです。

いい土になるには自分を磨いておかなければなりません。自分を磨いておけば、自然と相手から声がかかり、運をたぐり寄せられるかもしれませんよ。

 

2. 育てる(連絡、デート)

恋の芽が出たら、ある程度大きくなるまでは丁寧に育てなければいけません。ここでの失敗例として、いきなりデートに誘ってしまって、デートを取りつけられず、恋の芽を枯らしてしまったというものがあります。

自分が相手に興味があっても、まだ相手は自分に興味がない状態のため、まずはLINEなど連絡手段を使って相手の興味をひかなければなりません。

いきなり好き好きLINEを投げかけてしまうとガツガツした印象を受け取られてしまうので注意が必要です。

相手と打ち解けることができたら、初めてデートに誘いましょう。デートをすることで仲良くなるのではなく、仲良くなったからデートができることを頭において恋愛を進めていきましょう。

 

3. 花を結ぶ(告白)

デートを重ね、最大限育ってきたら誠意を持って告白をしましょう。恋愛の花が咲くかどうかは、これまで頑張ってデートをしてきた成果によります。

絶対に「あわよくば」という気持ちで告白をしてはいけません。告白成功のサインがある程度出てきてからにしましょう。

告白成功のサインについては、下のリンクの記事で書いています。ぜひ読んでみてくださいね。

 

4. 最後に

いかがでしたでしょうか?
恋愛をするには、それなりの覚悟が必要です。一生を共にするつもりで、たっぷりと愛情を注いでみてくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございます。よろしければ参考にしてみてくださいね。

 

画像提供:ぱくたそ様より