【仕事】 残業は当たり前?長時間残業のリスクとは

f:id:itlabo:20190730055531j:plain

こんにちは、MAGIC FLAVOR 編集部です。

読者の皆さんは残業時間が長いと感じたことはありますか?誰でも突発的に仕事が忙しくなる時はあるでしょう。できれば残業をしたくないですよね。多くの会社では残業は命令されて行うものではなく、仕事が間に合っていなったり、人が足りなければ自発的に残業をしなければならない空気になります。

本来は、大きなミスが発生した時を除き、仕事が定時内に終わらせることができない量の仕事を与えてしまった上司に責任があるはずです。なのになぜ部下が苦労しているのでしょうか?

今回は、長時間残業をテーマにリスクや改善方法について、お話をしようと思います。

目次
  1. 長時間残業は努力とみられる
  2. 長時間残業のリスクとは?
  3. 長時間残業を改善するには?
  4. 最後に

1. 長時間残業は努力とみられる

長時間残業は頑張っているとみなされる風潮があります。冷静に考えみれば、効率よく仕事を行って定時に帰っている人のほうが優秀ではないでしょうか?会社としては、依頼した作業を充分にこなしているわけですし、定時に仕事を切り上げていれば残業代を支払う必要はありませんよね。

現代は、単純作業の仕事ばかりではありません。パソコンを利用して工夫や効率化が求められる時代です。徐々に働き方改革で残業の感覚は見直されてきてはいますが、まだ長時間残業は頑張っているとみなされていると思います。

それは、会社の上層部の人が若手時代に長時間残業を良しとした時代があったからです。会社の上層部が世代交代されてこない限り、長時間残業は頑張っているの風潮は完全には消えないでしょう。

 

2. 長時間残業のリスクとは?

残業は確実に生活リズムを崩します。生活リズムが崩れれば体調を崩すリスクがあります。体調を崩したら仕事を休めばいいでしょう。

しかし、問題はそれだけではありません。1日の仕事の時間は8時間程度ですよね。1日4時間の残業をするとして、1日休めば2日分の残業の仕事量が無駄になってしまいます。有給休暇を使用することができれば、残業代は無駄にはなりませんが、今後の仕事を考えると残業が残業を呼んでいる状態になります。

 

3. 長時間残業を改善するには?

残業時間を削減しようと呼びかけたり、ノー残業デーを採用してる会社をよく見かけます。しかし、それでは残業の削減効果が薄いです。たいていは定時に帰ることができない人がほとんどになります。

なぜ残業があるのかというと仕事があるからです。仕事があるのに残業を減らせというのは、矛盾しているのです。

では、どのように残業を減らせばよいのでしょうか。まずはリーダーとなる人が率先して「残業のなぜなぜ分析」を行いましょう。なぜ残業が発生しているのかを分析できれば、いずれは部下に残業の削減が浸透していくはずです。

 

4. 最後に

いかがでしたでしょうか?
仕事をする目的は、会社に身をささげるのではなく、自分の生活を豊かにするためですよね。残業なんかをしていてはお金は貰えますが生活の質は確実に下がっていきます。最悪の場合、生きる目的が分からなくなってしまうでしょう。時にはギブアップも大切ですね。

最後までお読みいただきありがとうございます。よろしければ参考にしてみてくださいね。

 

画像提供:ぱくたそ様より