【仕事】 中間管理職の役割と求められる能力

f:id:itlabo:20190730055531j:plain

こんにちは、MAGIC FLAVOR 編集部です。

読者の皆さんは仕事の中間管理職についてご存じですか?中間管理職は大変な仕事だと言われています。年齢としては30代ぐらいに中間管理職を経験することは多いのではないでしょうか。中間管理職をうまくこなせるようになるかで今後の出世コースが決まると思います。

今回は、中間管理職の役割や中間管理職として求められる能力に応え、うまく立ち回る方法をテーマにお話をしたいと思います。

目次
  1. 中間管理職の役割
  2. 中間管理職に求められる能力
  3. 中間管理職の攻略方法
  4. 最後に

1. 中間管理職の役割

中間管理職とは管理職である上司の要求を砕き、部下とコミュニケーションを取って作業指示することが役割です。また、部下の成果物を取りまとめ、上司へ仕事の進捗状況などを含め報告します。

中間管理職は、職場によっては「主任」という役職がついていることがあります。

 

2. 中間管理職に求められる能力

中間管理職の大変なところは、部下を取りまとめる立場でありながら、自身も実作業を行うことが求められる点です。部下の成果物を確認しながら実作業を行うのは相当なスケジュール管理能力が必要なのです。

また、上司と部下の板挟み状態となりやすく、双方の認識が間違っていれば、やり直しを手伝うことは少なくありません。

その様な事がストレスとなり仕事が辛い、仕事を辞めたいと悩みを抱える人はとても多いのが中間管理職の悪い特徴でもあるのです。

 

3. 中間管理職の攻略方法

管理職は稼げる仕組みを作るのに対し、中間管理職は部下を動かし仕事が回る仕組みを作ります。

仕事が回る仕組みを作るには、仕事の「型」が大切です。例えばお客さんに提出する資料を作るとしましょう。部下全員が全く違った資料を作ってしまっては、資料の確認がしにくいし、どんなに内容が完璧な資料でもお客さんは困ってしまいます。

完璧な資料の「型」を作ることに力を注ぎましょう。

 

4. 最後に

いかがでしたでしょうか?
中間管理職の立場をうまく立ち回るのは本当に難しいことです。ごくたまに中間管理職を卒なくこなし、残業が少ない人がいますが、本当に能力が高い人だと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。よろしければ参考にしてみてくださいね。

 

画像提供:ぱくたそ様より