【就活】 履歴書、エントリーシートの証明写真の大切さについて

f:id:itlabo:20190730055531j:plain

こんにちは、MAGIC FLAVOR 編集部です。

読者の皆さんは就職活動を行っていますか?就職活動ってなかなか難しいですよね。私も学生の頃は就職活動に苦労しました。お祈りの連続で、「自分を採用してくれる会社なんてあるのかな」なんて思ったほどです。でも、就職活動をする中で気付いたことがあります。それは、証明写真の大切さです。

履歴書、エントリーシートの証明写真なんて資料のごく一部だと思っていました。それを今や採用、不採用を分ける重要なポイントだと思っています。

今回は、そんな難しい就職活動においての証明写真の大切さと証明写真のポイントについてお話をします。

目次
  1. 履歴書、エントリーシートでの第一印象は大切
  2. 履歴書、エントリーシートの証明写真のポイント
  3. 証明写真の撮り方
  4. 最後に

1. 履歴書、エントリーシートでの第一印象は大切

会社の採用担当の人が履歴書、エントリーシートのどこをまず見ると思いますか?真っ先に目が行くのは証明写真の欄です。これが履歴書、エントリーシートでの応募者の第一印象となります。

人というのは顔を見て人柄を想像するので、写真の写り次第で志望動機、自己PRの映え方が変わると言っても過言ではありません。

 

2. 履歴書、エントリーシートの証明写真のポイント

履歴書、エントリーシート用の証明写真ではどこに注意をしたら良いか悩む人は多いでしょう。次の点に注意してみましょう。

① 清潔感のある髪型

② 口角が少し上がっている

③ 顎を少し引く

④ 服装はスーツでシワがない

⑤ 背景はグレーが無難

⑥ 写真のサイズは、縦4cm × 横3cm

⑦ 写真はまっすぐに貼る


また、写真の裏には名前を書きましょう。選考の途中で写真が剥がれてしまっても、写真の紛失を防ぐことができます。

 

3. 証明写真の撮り方

履歴書、エントリーシート用の証明写真は写真館や撮影スタジオなどのプロにお願いしましょう。写真を撮る角度などをアドバイスして貰えるので、より就職活動に適した写真を作成できます。

逆に自動証明写真機や自撮りなどはオススメできません。不愛想になる可能性が高く、写真で他のライバルとの差ができてしまいます。

 

4. 最後に

いかがでしたでしょうか?
実は、新卒の場合は実務経験がないため、能力にあまり差がありません。能力に差がない場合に何が大切かというと一緒に働きたいかどうかです。一緒に働きたいかどうかを決めるのは、やはり人柄です。顔には人柄が出ます。就職活動がうまくいっていないのであれば、証明写真を見直してみるのは一つの手だと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。よろしければ参考にしてみてくださいね。

 

画像提供:ぱくたそ様より