苗字じゃなくて名前で呼ばれたい!親密になるためにすべきこと

f:id:itlabo:20190628045540j:plain

こんにちは、MAGIC FLAVOR 編集部です。

気になる人や好きな人と仲良くなったら苗字じゃなくて下の名前で呼ばれたいですよね。でも、なかなかタイミングがつかめない!そんなことで悩んでいませんか?

さらに親密になるためには、下の名前で呼んでもらうのは必要不可欠ですよね。名字で呼んでもらうのとでは心の距離感が段違いに近く感じます。自分だけに名前で呼んでくれる親近感や優越感は、とても幸せに感じますよね。

今回は自然に下の名前で呼んでもらえるようにお願いする方法のお話をしようと思います。成功すればきっと親密になれますよ♪

目次
 - 下の名前で呼んでもらう方法とは?
  1. 敬語からタメ語になる時にお願いする
  2. 友達と3人で話している時にお願いする
  3. ストレートにお願いする
  4. 最後に

1. 敬語からタメ語になる時にお願いする

出会って間もない時や、相手が年上だった時は敬語を使って話すことは多いと思います。一度デートをして仲良くなったら敬語からタメ語にしたいと思うのは自然ですよね。

相手との話し言葉がタメ語になったすぐ後に、「これからなんて呼べばいい?」と聞いてみましょう。すると自然に自分の名前も下の名前で呼んでもらえるようにお願いできますよ。

敬語で話していた時とのギャップもあって、これからの関係が盛り上がることは間違いなしですね!

 

2. 友達と3人で話している時にお願いする

自分の友達であれば、自分のことを下の名前で呼んでくれていることは多いですよね。相手が親密になりたいと思っているのであれば、相手も自然に自分のことを下の名前で呼んでみたいと思うのではないでしょうか。

そこで自分の下の名前について話題を振ってみましょう。2人で話している時は、名前の話題はハードルが高いですが、3人ならハードルが下がりますよね。

その流れで、うまくいけば相手に下の名前で呼んでもらえるようにお願いできますよ。

 

3. ストレートにお願いする

ストレートにお願いするといっても、「自分の名前を下の名前で呼んで」と突然言うのは不自然ですし、ガツガツした印象を持たれてしまいます。

まずは、さりげなく相手の名前を話題にして下の名前で呼んでみましょう。その話題が盛り上がれば、お互いの名前を下の名前で呼ぶ流れにできますね。

 

4. 最後に

いかがでしたでしょうか?

恋愛において名前の呼び方を変えることは、これからの2人の関係のターニングポイントになります。名字で呼んでいる段階では告白まで持っていくのは難しいでしょう。お付き合いを考えているのであれば、絶対に下の名前で呼べるようになっておきたいですね。悩まずにまずは行動あるのみです。恋愛は自分で楽しくしていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございます。よろしければ参考にしてみてくださいね。

 

画像提供:ぱくたそ様より