仕事の質を上げる!仕事にメリハリをつける方法

f:id:itlabo:20190730055531j:plain

こんにちは、MAGIC FLAVOR 編集部です。

今回は、仕事のメリハリをテーマにしてお話をしたいと思います。読者の皆さんはメリハリと聞いてどんな印象がありますか?漢字で書くと「減り張り」、音声の抑揚、強弱・伸縮といった意味だそうです。

私が思う仕事のメリハリとは、仕事をする時はキチンとして、休む時はトコトン休むということです。仕事と休みのオンオフをしっかりと切り替えます。休みの日まで仕事のことを考えていると、不安を煽ってしっかりと休めないのです。

では、どうしたらメリハリのある仕事になるのでしょうか?生活を変えて仕事にメリハリをつける方法をお話します。

目次
 - 仕事にメリハリをつける方法とは?
  1. 朝のリラックスタイムを作る
  2. 仕事の小休憩を作る
  3. 睡眠時間をしっかりとる
  4. 最後に

1. 朝のリラックスタイムを作る

朝起きてから支度をして出かけるまでの時間は短いという人は多いのではないでしょうか?そんな人は、30分~1時間ほど早く起きて珈琲を飲みながらリラックスする時間を作りましょう。

リラックスをすることで慌てた心のまま仕事をスタートすることがなくなります。「朝を制するものが人生を制する」という言葉があるように、朝をいかに良く過ごすかによって一日は変わってくるでしょう。

 

2. 仕事の小休憩を作る

人が集中できる時間は2時間と言われています。2時間に1回は5分程度の休憩を取りましょう。ほとんどの会社ではお昼休憩ぐらいしかありませんよね。それだけでは足りないと思うのです。

小休憩の5分間は仕事のことは考えないようにしましょう。5分間仕事のことを考えないことによって良質な休憩を得ることができます。

 

3. 睡眠時間をしっかりとる

仕事から帰ったら睡眠時間をしっかりととりましょう。いろいろやりたいことはあるかと思いますが、晩御飯や入浴、明日の支度など最低限にすることが大切です。

睡眠時間は8時間ほどとれるとベストですね。PM10:00~AM:6:00頃でしょうか。寝ている時間は、ただの休息時間だけではありません。頭が整理されて、次の日の仕事の捗り方が変わりますよ。

 

4. 最後に

いかがでしたでしょうか?

自分の仕事をマネジメントすることは大切ですが、休憩をマネジメントすることは、もっと大切です。仕事ばかりに熱中していては仕事をする意味を見失ってしまいます。仕事の質は休憩時間で決まるといっても過言ではありません。

最後までお読みいただきありがとうございます。よろしければ参考にしてみてくださいね。

 

画像提供:ぱくたそ様より