能ある鷹は爪を隠す?自分磨きをして出会いをゲット ~男性編~

f:id:itlabo:20190628045540j:plain

こんにちは、MAGIC FLAVOR 編集部です。

いい出会いを求めるには、男磨きは欠かせません。でも、どうしたら男が磨かれるのか分からないと悩んでいる男性は多いのではないでしょうか?

男性の魅力は人としてのベースの力があるかどうかですね。基本的な部分が重要なのです。

「能ある鷹は爪を隠す」ということわざがあります。有能な鷹は獲物に警戒されないように普段は鋭い爪を隠しておき、狩りをする時だけ使うのです。

恋愛も同じで、狙っている女性に自信のある部分をチラッと見せることが大切です。普段から見せびらかせていては女性が引いてしまいます。普段おとなしい人が、男性的な魅力のある部分を出すとギャップとなり、より女性を引き付ける力が生まれますよ。

では、具体的にはどのような部分を磨いておけばよいのでしょうか。今回は、男を磨くポイントを3つお話します。

目次
 - 男磨きの3つのポイントとは?
  1. 体を鍛える
  2. エチケットをする
  3. エスコート上手になる
  4. 最後に

1. 体を鍛える

いい男になるには、健康的な体は大切です。男性でも、女性でも、健康的な人には好感を持つものなのです。

体を鍛えるといっても、筋肉がバキバキになるほど鍛える必要はありません。

「筋肉が少しついて体が引き締まる」ぐらいがちょうどいいですね。体を引き締めて魅力的な男性を目指しましょう。

 

2. エチケットをする

清潔感は恋愛において大切な要素の一つです。美容院で切りそろえられた髪、伸びていない爪、シワやヨレのない服。それだけで格段に女性からの印象が変わります。

どんなにオシャレなファッションを目指しても、清潔感がなければオシャレには見えません。

逆に清潔感があればシンプルなファッションでもオシャレに見えるものなのです。

 

3. エスコート上手になる

エスコートのできる男性は女性を大切にできます。女性を大切にしようと思っているだけではダメで、実際に行動する心がけが大切です。

アメリカなどの海外の男性はレディーファーストの文化が根付いています。アメリカ圏に行くと自然にエスコートをできる男性が多いのですが、日本には、そのような文化が根付いていません。

エスコートを意識する人が少ない日本だからこそ、他の男性との差をつけることができますね。

 

4. 最後に

いかがでしたでしょうか?
もし、自分を振り返ってみて直せるところがあれば徐々に直していきましょう。難しく考える必要はなく日々意識するだけで大丈夫です。

最初は、常に意識していると疲れてしまいますので、まずは出かける時のみ心がけると良いでしょう。最終的には意識しないで自然体で魅力が出せると、より効果的ですね。

もしかしたら人としての魅力が仕事にも活かせるかもしれませんし、そうなれば収入もアップしてより魅力的になれますね。

最後までお読みいただきありがとうございます。よろしければ参考にしてみてくださいね。

 

画像提供:ぱくたそ様より