デートの日程を変更するときのポイント

f:id:itlabo:20190628045540j:plain


こんにちは、MAGIC FLAVOR 編集部です。
ご覧いただきありがとうございます。

気になる人との念願のデート♡日程は決まったけど、デート1週間前になってどうしても外せない予定が入ってしまってデートの日程を変更したい!

そんな時は誰にもあますよね。

印象を悪くせずに、日程変更を提案する3つのポイントを紹介します。


①まずは謝る。

②具体的な代わりのデートの日程を提案する。

③日程の変更をさせてくれたことに感謝する。


一度決めたデートの日程を変更することは相手にとって、負担が大きいものなので、極力、自分の予定を調整しましょう。

それでも調整が難しい場合は、日程変更をするのですが、簡単な気持ちで言ってしまうと、せっかく自分に向いていた相手の気持ちが冷めてしまいます。

ここで重要になってくるのは、相手の気持ちを考えた日程変更ができるかどうかです。

必ず代わりの日程を2~3個提案しましょう。そうすることで、「すごくデートに行きたかったよ」ということを伝えられます。

代わりの日程の提案がないと、「興味がないからキャンセルされたんだ」と相手に受け取られて、次のデートは誘いにくいものです。

また、デートプランの変更やお店の予約変更が必要な場合もあります。必ず、感謝の言葉を伝えましょう。

最後までお読みいただきありがとうございます。よろしければ参考にしてみてくださいね。

画像提供:ぱくたそ様より