初ディナーデートで重要視すべき3つの「時間」とは?

f:id:itlabo:20190628045540j:plain

こんにちは、MAGIC FLAVOR 編集部です。
ご覧いただきありがとうございます。

今回は、初ディナーデートで重要な「時間」について書いていきたいと思います。デートにおける「時間」の使い方で、その人の印象はぐっと変わります。

例えば、様々なシーンで遅刻をする人は「ズボラ」な人だと思いますよね。初デートでは、その人に対する情報が少ないために即「ズボラ」と判断され非常に不利になります。


では、初デートで好印象を残すにはどのような「時間」の使い方をすれば良いのでしょうか?上手な「時間」の使い方を3つ紹介します。

①待合せ時間の15分前に到着すべし!

②ディナーデートの時間は1.5時間~2時間にすべし!

③解散後、1時間以内に連絡すべし!

まず、待合せ時間は15分前の到着することを心がけましょう。
初デートは緊張しますよね。余裕をもって待合せ場所に到着することで心にゆとりが生まれます。

ディナーデートの時間は1.5時間~2時間におさめましょう。
デート時間が短くなる分には問題ありませんが、長くなった場合には注意が必要です。緊張感と慣れない相手に疲れが出てきてしまいます。
時間が足りなかったから、次に会ったと時にもっとお話をしたいと、お互いに思うぐらいがちょうどいいと思います。

もし、「うまくいかなかったな」と思っても、解散後に必ず1時間以内に相手に連絡を送りましょう。
内容は、「無事に帰宅できましたか?私は無事に帰宅しました。」と相手の帰り道を気を遣うような文章にすると良いでしょう。きっと良い印象を持って貰えますよ。

最後までお読みいただきありがとうございます。よろしければ参考にしてみてくださいね。


画像提供:ぱくたそ様より